PAGE TOP

オルチニンサイクルというのは

オルニチンサプリメントとしじみの比較

あなたが知りたいオルニチンサプリメントの新しい情報を提示している専用サイトになります。また、知らないと損をするオルニチンサプリメントに関する大切な情報も盛り沢山です。これからすぐご覧ください。

オルチニンサイクルというのは肝臓
オルチニンサイクルというのは肝臓内で発生する機能で、アルコールの分解と同時に、有害なアンモニアが解毒されるため、理想的なアルコール処理が可能になります。
オルチニンサプリを飲む目的がここにあるなら、もちろん、先にサプリを飲んでからお酒を飲みましょう。

最低でも、完全に酔っ払ってしまう前に飲むべきです。

その後は、寝ている間にアルコール分解が、滞りなく速やかに進みます。



オルチニンには肝臓を補助する機能もあるため、アルコールの効率的な代謝や解毒の能力も高めてくれます。このため、悪酔い・二日酔いの予防や、酔いが回るのを遅くしてくれるといった効果を十分に期待できます。
ただ、オルチニンサプリを飲んだからといっても、アルコールを飲みすぎてしまうと、さらに肝臓の数値を悪化させかねないので注意が必要です。



肝臓ではオルニチンサイクルの他に、TCAサイクルという働きも行われます。



TCAサイクルは肝細胞内のミトコンドリアで働いている代謝回路で、脂質、炭水化物、およびたんぱく質からATPという物質を創り出します。
ATPというのは筋肉のエネルギー源で、人間の生命活動には欠かすことができません。アンモニアはこのTCAサイクルを妨害することがわかっています。オルチニンは体内で作ることのできない物質なので食物等から取り入れなくてはなりません。

しかし、十分なオルチニンを食事によって取り入れるには膨大な量の食事が必要になります。十分にオルチニンサイクルを活性化させるために必須となるオルチニンは人それぞれですが、おおむね1日に400mg程度と言われています。

しじみ(オルチニンが豊富に含まれる)でそれを摂る場合、しじみ1000個以上が必要になるでしょう。肝臓は70%から80%程度が失われても、約6ヶ月で元通りに回復してしまうほどとても高い再生力を持っているため、少々のダメージを与えられたくらいでは問題なく働き続けるという特徴があります。その結果、肝臓の異変に本人に自覚症状が現れないことも多く、症状が外部に出るころにはすでに病状が進んでいることがとても多いため、このため肝臓のことを「沈黙の臓器」と呼ぶことがあるのです。効果的にオルチニンを摂取する場合、だいたい1日に500mg〜1000mg程度が良いと言われています。もちろん500mgと1000mgでは2倍の差がありますが、これは個体差のためです。

身長や体重はそれぞれ異なりますし、胃腸にも同じように差があります。


自分にはどれくらいが適性なのかは、服用する量を_日変えながら、効果のある量や服用のタイミングを見計らっていくのが良いでしょう。



体内でオルチニンサイクルが起きると、有毒なアンモニアが無毒な尿素に変換され、尿というかたちで排出させることができるのです。



ただオルチニンが不足して十分にオルチニンサイクルが働かず、アンモニアがどんどん増え、オルチニンの働きが不十分になってくると、腎臓や肝臓もアンモニア処理に加わることになります。



オルチニンというのはアミノ酸の一種で、肝機能を補助する働きがあります。



私たちの中にあるタンパク質はアミノ酸によって構成されていますが、オルチニンというのはちょっと特殊なアミノ酸で、浮遊したままタンパク質にならない体内に存在する遊離アミノ酸からできています。 この遊離アミノ酸というのは血液中にあるアミノ酸です。
そして、身体の中をまんべんなく巡り、すべての臓器の機能を補助しています。
このようにオルチニンは、肝機能を強化することによって、悪酔いなどを予防してくれるのです。
なんのためにオルニチンを摂るかは人によって違うでしょう。


ただ、オルニチンの効果としてよく知られているのは、肝臓の機能を強化することで、体の中の脂肪を燃やすということです。



アルコールの飲み過ぎで、検診の数値で異状が出た方、肝臓が弱ってしまっている方や、脂肪を燃やしたいダイエット中の方には、ピッタリの成分といえますね。シトルリンとアルギニンもオルニチンと並ぶアミノ酸の一種で、サプリメントとしても人気があります。



オルニチンは成長ホルモン誘導体とも呼ばれ、他のアミノ酸と一緒にオルチニンがサプリメントに配合されることもあります。

このため身体を鍛えたい、筋トレやエクササイズの好きな方にもおすすめです。健康のためだけではなく、ダイエット効果や美容効果にも期待して、サプリメントでオルチニンを飲むという女性も、どんどん増えてきています。
関連記事