PAGE TOP

体内でオルチニンサイクルが起きると

オルニチンサプリメントとしじみの比較

あなたが知りたいオルニチンサプリメントの新しい情報を提示している専用サイトになります。また、知らないと損をするオルニチンサプリメントに関する大切な情報も盛り沢山です。これからすぐご覧ください。

体内でオルチニンサイクルが起きる
体内でオルチニンサイクルが起きると、毒性のあるアンモニアが無毒な尿素になり、スムーズに尿として排出されます。
一方オルチニンが足りなくなってオルチニンサイクルが働かず、アンモニアがどんどん増え、オルニチンによる処理が追いつかなかったりすると、アンモニアを処理するために腎臓や肝臓に負担がかかってきます。オルチニンには肝臓を補助する機能もあるため、アルコールの効率的な代謝やデトックス能力も高まります。そのため、二日酔いの予防や、アルコールが体に回るスピードを和らげる効果も求めることが可能です。もちろんオルチニンを摂取していても、飲み過ぎてしまうと、これまでよりも肝臓の状態を悪くさせてしまうかもしれません。



オルチニンには適性な摂取量があり、だいたい1日に500mg〜1000mg程度が良いと言われています。もちろん500mgと1000mgでは2倍の差がありますが、個体差を考えると不思議はありません。身長や体重はそれぞれ異なりますし、内臓の機能にも差があります。

ですから適正量を知るため、服用する量を_日変えながら、効果のある量や服用のタイミングを見計らっていくのが良いでしょう。

肝臓は、全体の70〜80%が失われても、半年後には元通りに回復しているほど再生能力が強いため、少々傷ついたところで問題なく働き続けるという特徴があります。



その結果、肝臓の異変に本人がそれを自覚しないことも少なくなく、症状が現れた時はかなり病状が進んでいることがとても多いため、このことから肝臓は”沈黙の臓器“とも呼ばれています。

オルチニンサイクルの他にも、肝臓の中ではTCAサイクルと呼ばれるものもあります。
このもうひとつのサイクルは肝細胞の中で機能している代謝回路で、タンパク質のほか、脂質や炭水化物からATPを作り出す働きがあります。
人間の筋肉はこのATPによって動いていて、まさに人間の命を支えている物質です。そしてアンモニアは、この重要なTACサイクルを妨害することがわかっています。
オルニチンは肝臓の働きを助けるアミノ酸の1種です。

アミノ酸はタンパク質のもととなっている物質です。

そのアミノ酸の中でもオルチニンは特殊で互いに結合しない体内に存在する遊離アミノ酸からできています。


遊離アミノ酸は血液の中に含まれていて、身体の中をまんべんなく巡り、すべての臓器の機能を補助しています。ですからオルチニンを取り入れれば、肝機能を強化することによって、悪酔いなどを予防してくれるのです。シトルリンとアルギニンはどちらもアミノ酸の1種であり、サプリメントも人気があります。 オルチニンは成長ホルモンの分泌を促すことでも知られていて、他のアミノ酸とオルチニンが一緒のサプリに配合されることもあります。
筋トレで筋肉増強・筋力アップしたい、筋トレやエクササイズの好きな方にもおすすめです。

ただ健康になるためだけではなく、美容のため、ダイエットのために、オルチニンサプリを摂取する方も、最近増えています。オルニチンに期待する効果はいろいろだと思いますが、多くの人がオルチニンに期待していることは、肝機能を上げて回復力を高めることにより、体内に溜まった脂肪を燃焼させることです。アルコールの飲み過ぎで、肝臓の数値の悪い方、肝機能の低下で疲れやすくなっている方、脂肪を燃やしたいダイエット中の方には、ピッタリの成分といえますね。身体の中ではオルチニンは作られないため外部から取り込まなくてはなりません。
ただ、食物だけで必要なオルチニンを摂ろうとするとかなりの食物を食べないといけません。オルニチンサイクルを活性化させるのに必須となるオルチニンは人それぞれですが、1日に400mgくらいが平均的な量です。

これをしじみに含まれるオルチニンで摂ろうとすると一日1000個以上になります。
肝臓の内部でオルチニンサイクルが発生することで、アルコールの分解と同時に、有毒なアンモニアの解毒作用も発動するため、理想的なアルコール処理が可能になります。
オルチニンサプリにこの効果を期待するなら、もちろん、先にサプリを飲んでからお酒を飲みましょう。
あるいは酔って眠ってしまう前には飲んでください。



その後は眠っている間にもオルチニンサイクルが発生し、アルコール分解が素早く行われます。
関連記事