PAGE TOP

オルチニンサイクルの効果として

オルニチンサプリメントとしじみの比較

あなたが知りたいオルニチンサプリメントの新しい情報を提示している専用サイトになります。また、知らないと損をするオルニチンサプリメントに関する大切な情報も盛り沢山です。これからすぐご覧ください。

オルチニンサイクルの効果として、有毒な
オルチニンサイクルの効果として、有毒なアンモニアが無毒な尿素に変換され、結果、肝臓に負担を掛けず尿として出すことができるのです。しかしオルチニンが足りないためにオルチニンサイクルが働かず、有毒なアンモニアが増加してオルチニンの効果が不十分な状態になってしまうと、アンモニアの解毒処理に腎臓・肝臓も参加することとなります。オルチニンには適性な摂取量があり、基準となるのはだいたい1日あたり500mg〜1000mg程度となります。


もちろん500mgと1000mgでは2倍の差がありますが、人には個体差があります。身長や体重はそれぞれ異なりますし、内臓の処理能力も異なります。
自分に合った量を知るには、少しずつ量を変えて服用しながら、いちばん効果のある量を見つけるのが良いでしょう。肝臓が働きやすくなるのもオルチニンの効果で、お酒を飲んだあとの代謝や有害物質を排除する能力が高まります。

そのため、二日酔いの予防や、酔い自体の回りを遅くしてくれる効果も期待できます。

もちろん、いくらオルチニンサプリを飲んでいても、調子に乗ってお酒を飲みすぎてしまうと、かえって肝臓の状態を悪くさせてしまうかもしれません。



オルニチンを摂取する目的は、皆が同じとは限りません。
でも、多くの人に知られているオルニチンの効果は、肝機能を上げて回復力を高めることにより、体内に溜まった脂肪を燃焼させることです。

アルコールの過剰摂取で検診の数値で異状が出た方、肝臓が弱ってしまっている方や、ダイエット中の女性などに、ピッタリの成分といえますね。その他にも有名なアミノ酸にシトルリンとアルギニンがあり、サプリメントとしても販売されています。

オルチニンには成長ホルモンの分泌を促進する作用があり、オルチニンも他のアミノ酸と一緒のサプリに配合されることがあります。

このため身体を鍛えたい、トレーニング好きな男性にもおすすめです。 健康になるのと同時に、ダイエット・美容・美肌に良い効果・効能を期待して、オルチニンのサプリメントを飲む方も、最近増えています。

肝臓内でオルニチンサイクルという機能を形成し、アルコールの分解と同時に、有害なアンモニアが解毒されるため、アルコールを効果的に処理することができます。オルチニンサプリを飲む目的がここにあるなら、もちろんお酒の前にサプリを飲むべきです。
遅くても酔っ払って寝てしまうまでに飲んでしまいましょう。そうすることで、その後のアルコール分解が、スムーズに進みます。アミノ酸の一種であるオルチニンの主な効果は、肝臓の働きを補助することです。私たちの中にあるタンパク質はアミノ酸によって構成されていますが、オルニチンはアミノ酸でも特殊で浮遊したまま結合しない体内の遊離アミノ酸によってできています。遊離アミノ酸は血液中に存在し、血液と一緒に体内を巡って各器官の働きを補助しています。このようにオルチニンは、肝機能を強化することによって、悪酔いなどを未然に防止してくれるのです。肝臓は、全体の70〜80%が失われても、半年後には元の大きさに戻っているほど再生能力が強いため、少々傷ついたところで問題なく働き続けるという特徴があります。このため肝臓のダメージに本人がそれに気付かないことが多々あり、症状が現れた時はかなり病状が進んでいることがとても多いため、このため肝臓のことを「沈黙の臓器」と呼ぶことがあるのです。オルニチンは身体で生成されない成分なので食事などを通して摂る必要があります。
しかし、十分なオルチニンを食事によって摂ろうとすると食事の量を相当増やさないといけません。

オルニチンサイクルを活性化させるのに必要とされるオルチニンには個人差がありますが、おおむね1日に400mg程度と言われています。


しじみ(オルチニンが豊富に含まれる)でそれを摂るには、1000個以上のしじみが必要になります。肝臓ではオルニチンサイクルの他に、TCAサイクルも行われています。TCAサイクルは肝細胞内のミトコンドリアで機能していて、炭水化物に加えて、脂質やたんぱく質からATP(アデノシン三リン酸)を作り出すものです。



人間の筋肉はこのATPによって動いていて、まさに人間の命を支えている物質です。


アンモニアはこのTCAサイクルを阻害してしまうのです。

関連記事