PAGE TOP

シトルリンとアルギニンというアミノ酸

オルニチンサプリメントとしじみの比較

あなたが知りたいオルニチンサプリメントの新しい情報を提示している専用サイトになります。また、知らないと損をするオルニチンサプリメントに関する大切な情報も盛り沢山です。これからすぐご覧ください。

他にも、シトルリンとアルギニンというアミ
他にも、シトルリンとアルギニンというアミノ酸もあり、サプリメントとしても人気があります。

オルチニンは成長ホルモン誘導体としても知られており、オルニチンも一緒にサプリに配合されているケースもあります。 このため身体を鍛えたい、運動好きの男性・女性にもおすすめできます。

健康になるのと同時に、美容のため、ダイエットのために、サプリメントでオルチニンを摂る方も、このところ多いようです。

肝臓というのは、70%から80%を切り取っても、約6ヶ月で元の大きさに戻るほど高い再生能力のある臓器で、少々傷ついたところで機能に問題が起きにくいという特徴があります。

このため肝臓のダメージに本人がそれに気付かないことが多々あり、外部から症状に気づくころにはかなり病変が進んで手遅れになっていることも多く、このことから肝臓は”沈黙の臓器“とも呼ばれています。オルニチンは身体で生成されない成分なので外部から摂取する必要があります。しかし、十分なオルチニンを食事によって摂るには相当な食事量が必要です。

十分にオルチニンサイクルを活性化させるために必須のオルチニン量は個人差がありますが、一日400mgくらいです。



それをしじみ(オルニチン含有食物の代表格)で摂ろうとすると一日1000個以上になります。
オルニチンをどれくらい摂取して良いか、基準となるのはだいたい1日あたり500mg〜1000mg程度となります。
もちろん500mgと1000mgでは2倍の差がありますが、個体差を考えると不思議はありません。



身長や体重はそれぞれ異なりますし、胃腸にも同じように差があります。

自分にはどれくらいが適性なのかは、毎日少しずつ服用する量を変えたりして、自分のぴったりの服用量などを見極めるのがよいでしょう。オルチニンはオルチニンサイクル機能によって、アルコール分解に伴って、発生するアンモニアを解毒する作用もあるため、アルコール処理には抜群の効果を発揮します。
この効果を期待してオルチニンサプリを飲むなら、当然、お酒を飲む前にサプリを飲んだほうが良いでしょう。


少なくともお酒が進みすぎる前には飲んでください。
後は眠っている間にオルチニンサイクルが発生し、アルコール分解がスムーズに進みます。なんのためにオルニチンを摂るかはいろいろだと思いますが、多くの人がオルチニンに期待していることは、体全体の代謝力を上げることによって、体脂肪を燃焼させるということです。
お酒を頻繁に飲んでいて検査の数字が悪い方、肝機能の低下で疲れやすくなっている方、ダイエット進行中の女性には、最高の成分だと言えるでしょう。

オルニチンは肝臓の働きを助けるアミノ酸の1種です。 私たちの中にあるタンパク質はアミノ酸によって構成されていますが、そのアミノ酸の中でもオルチニンは特殊でタンパク質を構成することのない体内に存在する遊離アミノ酸からできています。
遊離アミノ酸は血液中を漂っていて、血液と一緒に体内を巡って各器官の働きを補助しています。ですからオルチニンを取り入れれば、肝臓を正常な状態に保ち、二日酔いや悪酔いを防いでくれるのです。オルニチンサイクルによって、アンモニアは尿素に変えられて、肝臓に余計な負担をかけることなく尿として体外に排出できます。しかしオルチニンが足りないためにオルニチンサイクルが十分に機能せず、有毒なアンモニアが増加してオルチニンによる肝臓の補助が追いつかなくなると、腎臓や肝臓もアンモニア処理に加わることになります。

肝臓ではオルニチンサイクルの他に、TCAサイクルと呼ばれるものもあります。

このもうひとつのサイクルは肝細胞の中で機能していて、脂質やタンパク質、炭水化物からATPという物質を創り出します。

ATPというのは筋肉のエネルギー源で、生命活動の維持には絶対必要なものです。
そして、アンモニアはあろうことか、このTCAサイクルを妨げることがわかっています。オルニチンは肝臓の働きを助けてくれるため、お酒を飲んだあとの代謝や有害物質を排除する能力が高まります。そのため、悪酔いするのを防いだり、アルコールが体に回るスピードを和らげる効果も期待できます。
ただ、オルチニンサプリを飲んだからといっても、アルコールを飲みすぎてしまうと、これまでよりも肝臓の状態を悪くさせることになりますから注意してください。


関連記事