PAGE TOP

肝臓という臓器は沈黙の臓器

オルニチンサプリメントとしじみの比較

あなたが知りたいオルニチンサプリメントの新しい情報を提示している専用サイトになります。また、知らないと損をするオルニチンサプリメントに関する大切な情報も盛り沢山です。これからすぐご覧ください。

肝臓という臓器は沈黙の臓器
肝臓という臓器は、70〜80%近くが切り取られても、半年後には元の大きさに戻っているほどとても高い再生力を持っているため、少々のダメージを与えられたくらいでは機能に問題が起きにくいという特徴があります。

ただ、このせいで肝臓の異変に本人に自覚症状が現れないことも多く、症状が現れるころには病気が進行した状態となっているケースも多くあり、このため肝臓のことを「沈黙の臓器」と呼ぶことがあるのです。

オルチニンサイクルというのは肝臓内で発生する機能で、アルコールの分解過程で、有害なアンモニアも解毒されるため、アルコール処理には抜群の効果を発揮します。
この効果を期待してオルチニンサプリを飲むなら、当然、お酒を飲む前にサプリを飲んだほうが良いでしょう。あるいは酔って眠ってしまう前には飲んでください。



そうすれば睡眠中にアルコール処理が、スムーズに進みます。


アミノ酸の一種であるオルチニンには、肝機能をサポートする機能があります。

アミノ酸はタンパク質のもととなっている物質です。そのアミノ酸の中でもオルチニンは特殊で浮遊したままタンパク質にならない遊離アミノ酸という物質が元になっています。この遊離アミノ酸というのは血液中にあるアミノ酸です。
そして、身体の中をまんべんなく巡り、すべての臓器の機能を補助しています。
こうして体内に取り込まれたオルチニンは、肝臓の機能を高め二日酔いや悪酔いを未然に防止してくれるのです。


肝機能を向上させるのもオルチニンの効能なので、お酒を飲んだあとの代謝や有害物質を排除する能力が高まります。結果、二日酔いを予防したり、酔いが回るスピードを抑えてくれる効果も期待することができます。

オルニチンサプリを飲んでいるからといって、調子に乗ってお酒を飲みすぎてしまうと、逆に肝臓の機能を悪くしてしまうことになるでしょう。

オルニチンに期待する効果は人によって違うでしょう。ただ、多くの人に知られているオルニチンの効果は、身体本来の回復力や代謝力を強化して、体脂肪を燃焼させるということです。アルコールの飲み過ぎで、数値が悪くなっている方、肝臓の働きが弱っている方や、ダイエット中の女性などに、まさにうってつけの成分ですね。

体内でオルチニンサイクルが起きると、有毒なアンモニアが無毒な尿素に変換され、結果、肝臓に負担を掛けず尿として出すことができるのです。


ただし、オルチニン不足によって十分にオルチニンサイクルが働かず、アンモニアがどんどん増え、オルチニンの効果が追いつかなくなると、アンモニア処理の負担が腎臓や肝臓にかかることになります。


オルチニンは人間の体内では生成されませんから、食物等から取り入れなくてはなりません。ただ、食物だけで必要なオルチニンを摂るには大変な量を食べないといけなくなります。


オルチニンサイクルの活性化のために必須となるオルチニンは人それぞれですが、目安は1日あたり400mgくらいです。それをしじみ(オルニチン含有食物の代表格)で補おうとすると、1000個以上のしじみが必要です。

肝臓の中で行われているのはオルチニンサイクルだけではなく、TCAサイクルという働きも行われます。

これは、肝細胞内のミトコンドリアで働いている代謝回路で、炭水化物に加えて、脂質やたんぱく質からATPを作り出す働きがあります。人間の筋肉を動かすのがこのATPで、人間の生命活動には欠かすことができません。アンモニアはこのTCAサイクルを妨害してしまうのです。オルニチンをどれくらい摂取して良いか、目安としては1日につき500mg〜1000mg程度が良いとされています。

もちろん500mgから1000mgというのはかなりの幅ですが、個体差といって、ひとりひとり身体の大きさは異なりますし、内臓の処理能力も異なります。適正量を知るためには、少しずつ量を変えて服用しながら、自分のぴったりの服用量などを見つけるのが良いでしょう。
シトルリンとアルギニンもオルニチンと並ぶアミノ酸の一種で、サプリメントとしても販売されています。

オルニチンは成長ホルモン誘導体とも呼ばれ、オルニチンも一緒にサプリに配合されているケースもあります。 筋トレで筋肉増強・筋力アップしたい、トレーニング好きな男性にもおすすめです。

健康の維持や増進に加えて、スッキリした見た目を実現するために、オルチニンのサプリメントを飲む方も、どんどん増えてきています。
関連記事