PAGE TOP

オルニチンを摂取する目的は?

オルニチンサプリメントとしじみの比較

あなたが知りたいオルニチンサプリメントの新しい情報を提示している専用サイトになります。また、知らないと損をするオルニチンサプリメントに関する大切な情報も盛り沢山です。これからすぐご覧ください。

オルニチンを摂取する目的は?
オルニチンを摂取する目的は、皆が同じとは限りません。でも、多くの人に知られているオルニチンの効果は、肝機能向上・回復や代謝向上によって、脂肪を燃やすということです。アルコールの飲み過ぎで、検診の数値で異状が出た方、肝臓の働きが弱っている方や、脂肪を落としたい方には、最高の成分だと言えるでしょう。

オルチニンの摂取量については、目安となるのが1日につき500mg〜1000mg程度です。


500mgと1000mgだと倍も違いますが、人には個体差があります。人は身長も違えば体重も異なり、胃腸の機能にも差があります。



自分にはどれくらいが適性なのかは、服用する量を_日変えながら、効果のある量や服用のタイミングを見計らっていくのが良いでしょう。

オルチニンサイクルが起きる結果、アンモニアは尿素に変えられて、腎臓は負担なく簡単に尿として排出させることができるのです。
一方オルチニンが足りなくなってオルチニンサイクルが働かず、アンモニアの量が多くなりオルチニンによる肝機能サポートが十分に追いつかなくなると、腎臓・肝臓がアンモニアを解毒するため、かなりの負担がかかってきます。
オルニチンは身体で生成されない成分なので外から取り入れなくてはなりません。



ですが食物から必要十分な量を取り入れるには膨大な量の食事が必要になります。十分なオルチニンサイクルの活性化に必要なオルチニンの量は人によって違いますが、だいたい1日あたり400mgが基準です。それをオルチニンを豊富に含むしじみで摂ろうとすると一日1000個以上になります。

シトルリンとアルギニンはどちらもアミノ酸の1種であり、サプリメントも人気があります。

オルチニンは成長ホルモン誘導体としても知られており、オルチニンも他のアミノ酸と一緒のサプリに配合されることがあります。筋トレで筋肉増強・筋力アップしたい、トレーニング好きな男性にもおすすめです。 ただ健康になるためだけではなく、スッキリした見た目を実現するために、サプリメントでオルチニンを飲むという女性も、ますます多くなっています。

オルチニンサイクルというのは肝臓内で発生する機能で、アルコールの分解過程で、有毒なアンモニアの解毒作用も発動するため、アルコール処理には抜群の効果を発揮します。
オルチニンサプリにこの効果を期待するなら、もちろんお酒の前にサプリを飲むべきです。
遅くても酔っ払って寝てしまうまでに飲んでしまいましょう。その後は眠っている間にもアルコールの処理作業が、素早く行われます。肝臓が働きやすくなるのもオルチニンの効果で、お酒を飲んだあとの代謝や有毒物質の排出機能を高めてくれます。

そのため、悪酔いするのを防いだり、アルコールが体に回るスピードを和らげる効果も十分に期待できます。

もちろん、いくらオルチニンサプリを飲んでいても、飲み過ぎてしまうと、さらに肝臓の数値を悪化させてしまうことにもなりかねません。肝臓の働きを補助してくれるアミノ酸が、オルチニンです。
人体のタンパク質を構成しているのはアミノ酸ですが、このオルチニンは特殊なアミノ酸で、タンパク質を構成することのない体内の遊離アミノ酸が元になっています。
遊離アミノ酸は血液中を漂っていて、血液と一緒に体内を巡って各器官の働きを補助しています。
オルニチンを補給することで、肝臓を正常な状態に保ち、二日酔いや悪酔いを未然に防止してくれるのです。

肝臓ではオルニチンサイクルの他に、TCAサイクルという働きも行われます。このTCAサイクルは肝臓内の細胞の中で働いている代謝回路で、タンパク質のほか、脂質や炭水化物からATP(アデノシン三リン酸)を生成します。人間の筋肉を動かすのがこのATPで、まさに命を支える物資といえます。

アンモニアというのは、このTCAサイクルを阻害することがわかっています。肝臓は、70〜80%を切り取っても、半年後には元通りに回復しているほど再生力が高く、少々傷ついたところで問題なく働き続けるという特徴があります。そのため、肝臓の不調に本人がそれに気付かないことが多々あり、実際に症状が現れた時には病変が進行した状態となっているケースも多くあり、これが肝臓の別名、【沈黙の臓器】の由来ともなっています。

関連記事