PAGE TOP

オルチニンには肝臓を補助する機能がある

オルニチンサプリメントとしじみの比較

あなたが知りたいオルニチンサプリメントの新しい情報を提示している専用サイトになります。また、知らないと損をするオルニチンサプリメントに関する大切な情報も盛り沢山です。これからすぐご覧ください。

オルチニンには肝臓を補助する機能がある
オルチニンには肝臓を補助する機能もあるため、お酒を飲んだあとの代謝やデトックス能力も高まります。このため、悪酔いを予防したり、酔いが回るスピードを抑えてくれる効果も十分に期待できます。ただ、オルチニンサプリを飲んだからといっても、アルコールを飲みすぎてしまうと、逆に肝臓の機能を悪化させてしまうことにもなりかねません。肝臓は70%から80%程度が失われても、わずか半年で正常な状態に回復するほど高い再生能力のある臓器で、少々痛めつけられたとしても特に異常なく機能するという特徴があります。一方で、肝臓が不調でも本人がそれに気付かないことが多々あり、実際に症状が現れた時には病変が進行した状態となっているケースも多くあり、このことから肝臓は”沈黙の臓器“とも呼ばれています。
オルチニンサイクルの他にも、肝臓の中ではもうひとつのサイクル、TCAサイクルも行われます。

TCAサイクルは肝細胞内のミトコンドリアで働く代謝回路で、脂質やタンパク質、炭水化物からATPという物質を創り出します。


ATPというのは筋肉のエネルギー源で、まさに人間の命を支えている物質です。

アンモニアの機能は、このTCAサイクルを妨げることがわかっています。
オルニチンと聞いてどんな思い浮かべるイメージは人それぞれだとは思いますが、オルニチン摂取の目的をあげるとすれば、肝機能向上・回復や代謝向上によって、体内に溜まった脂肪を燃焼させることです。

お酒を頻繁に飲んでいて数値が悪くなっている方、肝機能の衰えを感じている方や、脂肪を燃やしたいダイエット中の方には、まさにうってつけの成分ですね。

オルニチンは身体で生成されない成分なので外から取り入れなくてはなりません。ただ、食物だけで必要なオルチニンを摂取しようとすると大変な量を食べないといけなくなります。オルチニンサイクルを十分に機能させるために必須となるオルチニンは人それぞれですが、だいたい1日あたり400mgが基準です。ちなみにオルチニンが豊富なしじみによってそれを摂る場合、しじみ1000個以上が必要になるでしょう。アミノ酸の一種には、ほかにもシトルリンとアルギニンがあり、人気のサプリメントにもなっています。オルチニンの別名は成長ホルモン誘導体といい、オルチニンも他のアミノ酸と一緒のサプリに配合されることがあります。

筋トレで筋肉増強・筋力アップしたい、トレーニング中の方にも有効です。



健康になるのと同時に、美容目的やダイエットといった効果も狙って、サプリメントでオルチニンを飲むという女性も、どんどん増えてきています。オルチニンには適性な摂取量があり、目安となるのが1日につき500mg〜1000mg程度です。500mgから1000mgでは幅があり過ぎると感じるかもしれませんが、これは個体差のためです。

身長や体重はそれぞれ異なりますし、内臓の機能にも差があります。



自分に合った量を知るには、少しずつ量を変えて服用しながら、自分のぴったりの服用量などを見計らっていくのが良いでしょう。オルニチンは肝臓の働きを助けるアミノ酸の1種です。


本来アミノ酸というのは、タンパク質の元になる物質です。


オルチニンというのはちょっと特殊なアミノ酸で、タンパク質を構成することのない体内に存在する遊離アミノ酸からできています。 遊離アミノ酸は血液の中に含まれていて、体中を巡り各器官・臓器の正常な働きを助ける効果を持っています。適量のオルチニンを摂取すれば、肝機能を向上させアルコールによる悪影響を予防してくれるのです。オルニチンサイクルによって、毒性のあるアンモニアが無毒な尿素になり、腎臓は負担なく簡単に尿として排出させることができるのです。

ただし、オルチニン不足によってオルチニンサイクルが機能しなくなり、有毒なアンモニアが増加してオルチニンによる肝臓の補助が不十分な状態になってしまうと、腎臓・肝臓がアンモニアを解毒するため、かなりの負担がかかってきます。


オルチニンサイクルという機能が肝臓内で発生すると、アルコールの分解過程で、有害なアンモニアも解毒されるため、アルコールを効果的に処理することができます。
この効果を期待してオルチニンサプリを飲むなら、もちろんお酒の前にサプリを飲むべきです。



最低でも、完全に酔っ払ってしまう前に飲むべきです。
その後は眠っている間にもアルコール分解が、滞りなく速やかに進みます。

関連記事