PAGE TOP

体内に溜まった脂肪を燃焼させること

オルニチンサプリメントとしじみの比較

あなたが知りたいオルニチンサプリメントの新しい情報を提示している専用サイトになります。また、知らないと損をするオルニチンサプリメントに関する大切な情報も盛り沢山です。これからすぐご覧ください。

オルニチンを摂取する目的は、いろ
オルニチンを摂取する目的は、いろいろだと思いますが、一般的なオルチニン摂取の目的は、体全体の代謝力を上げることによって、体内に溜まった脂肪を燃焼させることです。
アルコールの過剰摂取で検診で数値が引っかかった方、肝機能の低下で疲れやすくなっている方、脂肪を燃やしたいダイエット中の方には、まさにピッタリだと思います。
体内のオルチニンサイクルにより、有毒なアンモニアが無毒な尿素に変換され、肝臓に余計な負担をかけることなく尿として体外に排出できます。
ただオルチニンが不足してオルチニンサイクルが働かず、有毒なアンモニア量が多くなりオルチニンによる肝臓の補助が不十分になってくると、アンモニアの解毒処理に腎臓・肝臓も参加することとなります。

オルニチンは肝臓の働きを助けるアミノ酸の1種です。 アミノ酸はタンパク質を構成している物質で、オルニチンはアミノ酸でも特殊でタンパク質にならずに遊離した状態で遊離アミノ酸という物質が元になっています。この遊離アミノ酸というのは血液中にあるアミノ酸です。そして、血液と一緒に体内を巡って各器官の働きを補助しています。こうして体内に取り込まれたオルチニンは、肝機能を強化することによって、悪酔いなどを未然に防止してくれるのです。オルチニンサイクルというのは肝臓内で発生する機能で、アルコールの分解と同時に、有害なアンモニアが解毒されるため、理想的なアルコール処理が可能になります。



オルチニンサプリを飲む目的がここにあるなら、当然ながらお酒を飲む前に飲むのが一番です。

遅くても酔っ払って寝てしまうまでに飲んでしまいましょう。
そうすれば睡眠中にアルコールの処理作業が、スムーズに進みます。
肝臓は70%から80%程度が失われても、半年後には元の大きさに戻っているほど回復力が強いため、少々痛めつけられたとしても機能に問題が起きにくいという特徴があります。

その結果、肝臓の異変に本人に自覚症状が現れないことも多く、症状が現れるころには病気が進行した状態となっているケースも多くあり、このため肝臓のことを「沈黙の臓器」と呼ぶことがあるのです。肝臓ではオルチニンサイクルだけでなく、もうひとつ、TCAサイクルと呼ばれるものも行われます。これは肝細胞の中にあるミトコンドリアで機能していて、脂質やタンパク質、炭水化物からATP(アデノシン三リン酸)を生成します。


人間の筋肉を動かすのがこのATPで、人間の生命活動には欠かすことができません。

アンモニアというのは、このTCAサイクルを妨害してしまうのです。

オルチニンの主な効果は肝機能のサポートなので、効率的にアルコールの分解や有害物質を排除する能力が高まります。



結果、二日酔いを予防したり、酔いが回る勢いを抑えてくれる効果も求めることが可能です。もちろんオルチニンを摂取していても、あんまりお酒を飲みすぎると、逆に肝臓の機能を悪くさせてしまうかもしれません。身体の中ではオルチニンは作られないため食物等から取り入れなくてはなりません。しかし、十分なオルチニンを食事によって摂るには膨大な量の食事が必要になります。

オルチニンサイクルを十分に機能させるために必須となるオルチニンは人それぞれですが、一日400mgくらいです。

ちなみにオルチニンが豊富なしじみによってそれを摂るには、1000個以上のしじみが必要になります。



他にも、シトルリンとアルギニンというアミノ酸もあり、サプリメントとしても人気があります。オルチニンの別名は成長ホルモン誘導体といい、オルチニンも他のアミノ酸と一緒のサプリに配合されることがあります。筋肉や筋力をアップさせたい、トレーニング好きな男性にもおすすめです。 健康維持・健康増進だけでなく、ダイエット・美容・美肌に良い効果・効能を期待して、サプリメントでオルチニンを摂る方も、どんどん増えてきています。
オルチニンの摂取量については、基準となるのはだいたい1日あたり500mg〜1000mg程度となります。

もちろん500mgと1000mgでは2倍の差がありますが、これは個体差のためです。



人は身長も違えば体重も異なり、胃腸の機能にも差があります。


自分の適正量を知るには、少しずつ量を変えて服用しながら、自分にあった適量と飲むタイミングを見極めるのがよいでしょう。
関連記事